② 紹介会社と面談しよう

期間工とは?

 こんにちは! 稀代の期間工、仲本です。

 今回は紹介会社との面談について伝えようと思います。

(令和3年4月1日より祝い金の制度が改正されました。厚生労働省からの詳細)https://www.mhlw.go.jp/content/000747063.pdf

紹介会社との面談って?

 紹介会社を経由してメーカーに志願する場合、まず紹介会社と面談をします。求人サイトから志望するメーカーに応募すると、紹介会社から電話やメールで面談の旨が伝えられるので日程を調整して面談を行いましょう。

入社祝い金を貰うための条件になっている

 メーカーとの面接の合否には影響しないのですが、紹介会社との面談は入社祝い金を貰う上で必須事項となっているぐらい行われているので我慢して受けましょう。紹介会社はメーカーに志願者が推薦するに足る人物かどうかを確認します。はっきり言ってどこにも推薦することができないような人でも問題無く推薦は貰えているので気を揉むこともないです。面接の練習だと思って気軽に受けましょう。

履歴書を添削してもらおう

 自分一人で履歴書を書くと、間違いに気づきにくいことがあります。書き方や志望動機などに問題がないか添削してもらいましょう。私はスッカスカの履歴を見せると、なぜ大学中退なんだ?、水商売は書かないほうが良いよ、など突っ込んだ指摘をしてくれて役に立ちました。
 普段スーツを着ない方も慣れのためにスーツで行くことがお奨めです。ネクタイの歪みや靴の汚れなど細かい部分で発見があるかもしれません。

簡単な手作業を行うテストがある

 普通の面接では見られないと思いますが、手作業を行うテストが行われます。工場労働の適正があるかの確認です。机上で、時間内に積み木が組み立てられるか、箱から物を取り出してまた元に戻す、といった作業を行います。会社によっては色覚テストや足し算引き算程度の計算問題も行われます。

実際に受けてみた

 3社受けたことがあるのでそれぞれについて感想を述べたいと思います。面談担当者で大きく印象は変わると思うので、あくまで個人の一つの意見として参考にしてください。

人材派遣のマンツーマン Man to Man

 応募すると面談者から丁寧なメールが届き、名古屋に会社があり東京(私は当時東京にいました)に出張するのでカフェで面談しましょう、との事でした。
 当日、東京駅で待っていると30代半ばくらいの熊さんみたいな男性(以下熊さん)が登場。ルノアールに場所を移して面談しました。ルノアールって怪しい話をするのに最適ですよね!代金は熊さん持ちでした。
 私はトヨタ志望だったのですが、最初に言われたことは「工場経験が無いならトヨタは受からない。」という事です。私は期間工についてほとんど知らない状態だったので、色々質問してみると「実家が遠いなら旅費が貰えるトヨタ自動織機はどう?。」「社員になりたいならアイシンAWがお奨め。」など親身に受け答えしてくれました。「派遣ならトヨタで働けますか?。」という問いには「自分の会社にとっては派遣で働いてくれた方が儲かるけど派遣はやめといた方がいいよ。」という答えが返ってきて、信頼できる方でした。
 結局、それでもトヨタに行きたかったのでトヨタの期間工に応募して、結果不採用になったのですが、良き面談員と巡り会えたと思います。

◯ウトソーシング

 サイトからアイシンAWを応募すると、電話がかかってきて、新宿の会社に来てとのこと。個室に通されて職務経歴書を書いて待っていると、数分ほどして口のひん曲がった40代男性(以下口さん)が登場。どういう生き方したらこんなに口がひん曲がるんだろう?っと純粋に思っちゃいましたね。派遣の求人誌を渡されて派遣の正社員として働くことの素晴らしさを力説され、適正テストへ。手作業のテスト等が一通り終わると適正はクリアしているので、アイシンAWに書類選考を掛けてみるとのこと。そんな選考あるんか?っと疑問に思いながら待っていると、不合格の通知がきたと言われました。口さん「いや〜今はどこも期間工の採用厳しくてね!派遣ならたくさん紹介できるよー。」っと言われました。派遣は嫌だったので、じゃあマツダに応募しますと伝えると、口さん「マツダもめちゃくちゃ厳しいよ〜もう数ヶ月たったら新入社員も入ってくるから早く派遣で入った方が良いよ〜。まぁ一応選考掛けてくるから待っててね。」と言われ数分待っていると、やっぱり不採用だと言われました。
 派遣に誘導するパターンだと思ったので「何の選考しているのですか?。」と聞いてみると、メーカー側の予備選考だと言われました。予備選考というものは無いので完全にですね。では今からマツダに電話して不採用理由を聞いてみて良いですか?っと言うと、表情が変わり焦り出して、派遣なら大丈夫だから、の一点張り。これ以上話続けても時間の無駄だと感じたので考えておきますと一言残し退出しました。
 最初から最後まで終始一貫して期間工として紹介する気はなく、派遣にして食いもんにしてやろうという雰囲気でした。たまたまそういう担当に当たったのか、会社がそのような方針なのかはわかりませんが、私がこの会社を利用することはもう無いでしょう。

日総工産

 一番お奨め。上のリンクから飛べます。
 キャンペーン中で面接来場でQUOカード2000円分プレゼントということだったので、ネットから日時、場所を指定して予約。面接当日新宿の雑居ビルに向かい、受付の綺麗なお姉さんに案内してもらい待っていると、50代くらいのおばちゃんが担当者としてやってきました。履歴書を渡し、手が動くかどうか、色彩のテストなどをして合格だったので、当時希望していたアイシン精機に応募してもらうことになりました。この当時は期間工の求人自体が厳しめだったらしく、採用はもしかしたら難しいかもしれないけどあなたならきっと大丈夫、という言葉を掛けてくれました。派遣誘導の話もなく、就職に対して真摯に対応してくれている感じがしてとても好感の持てる担当者でした。

まとめ

最後に紹介会社との面談についてまとめたいと思います。

  • 入社祝い金獲得のため人材紹介会社のサイトから希望のメーカーを申し込む。
高収入や寮完備のシゴトが満載!
工場系シゴト情報求人サイト「工場求人ナビ」
  • 履歴書の添削、服装や面接の所作を教えてもらう。
  • 派遣に誘導されないようにす

 面談のときに、祝い金がいつ振り込まれるのか?、どのような条件を満たしたら貰えるのかも聞いておくと良いかもしれません。祝い金が振り込まれなかったという話は聞いたことがありませんが、在籍何ヶ月以上ではないと振り込まれないとかいろいろあるかもしれないので確認しておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました